自動車 売る

自動車を売るならどこがいい?

自動車を売るには車買取が常識になってきました。下取りに出すよりも高い値が出ますからね。
でも、1社だけではなかなか難しいのが車買取。新車と同じで競合とぶつけないと、思うようには高くなりません。

 

そこで利用すべきは『一括査定サービス』です。車買取店に個別に査定を依頼するよりも断然高額になると評判です。
一括査定は申し込みがあった時点から、車買取店同士の競争が始まります。各店でかなり本気の価格が最初から飛び出してくるので、自然と高値になってくるんですね。
自動車を高く売るには、今一番いいシステムなのが一括査定です。

 

自動車を売るのは3年後?9年後?

自動車を売ることを考えるのは、買い替え時と車検の時ではないでしょうか。

 

常に新しい車に乗りたいという考えの人は、3年ごとに車検を通さずに乗り継いでいきます。
これは一見費用がかさむのではないかと思われがちですが、仮に9年間乗って買い替えるというと、その車の価値はだいぶ下がってしまい、買い替え時の購入資金としてはごく僅かになってしまいます。
ところが、新車で購入して3年経った自動車はかなりの価値が残っていて、車種にもよりますが新車価格の70%で売れることもあります。

 

例えば諸費用込みで300万円の車だと、210万円で売れることになり、次に買う車の資金としては十分な価値があります。
自己資金90万円で300万の車に乗り換えられるということなので、うまく乗り継いでいる人も少なくありません。
「あのひとは金回りがいいから、いつも新車に乗っているんだ」といったような人は、実は自動車の売り方が上手なだけかも知れません。

 

高い買い物だし、乗りつぶすという考えはとても立派です。
でも、技術革新がどんどん進み燃費も年を追うごとに向上してきて、一昔前の自動車では考えられない維持費の差が付いてしまうことを考えると、自動車はうまく乗り継いで行くほうが結果的にお得な時代になってきてます。